写真-31420
サロンシャンプーと市販シャンプーの違い
写真-31429 いつも使っているシャンプー、何を基準に選んでいますか? 
ブランド、香り、髪の仕上がりなど、選ぶ理由は人それぞれですね。
毎日使っているシャンプーが、髪の悩みの原因だったら……? 
髪や頭皮やのトラブルを抱えている方は、
一度シャンプーを見直してみることをおすすめします。
今回は、サロンシャンプーと市販シャンプーの違いを詳しくご紹介します。
写真-31441 写真-31443
1. 髪や肌にやさしい適度な泡が立つこと
2. 美しいヘアデザインをサポートすること
3. カラーやパーマのもちを良くすること
4. 次回のカラーやパーマの邪魔をしないこと
5. ダメージを進行させないこと
6. 髪や肌にいい成分が配合されていること
1. 簡単にクリーミィな泡が立つこと
2. 泡立ちがいいのに指通りがいいこと
3. 香りがいいこと
4. 容器・パッケージがいいこと
5. 値段の安いこと
6. 宣伝広告で目立てるように見せられること
市販シャンプーは、主に"使い心地の良さ"と
"イメージの良さ"を重視しています。
「泡立ちが良くて気持ちいい!」、「指通りもツルツル!」、「いい香り!」、「CMがカッコイイし、容器もかわいい!」という感じです。そして、1回の使用でも"分かりやすい"ことが追求されています。その代わりに、長期間使用すると髪や肌に負担を与えたり、髪がペッタンコになるなどのデザイン崩れを起こしたり、カラーやパーマが落ちやすい、かかりにくいなどの弊害を起こす場合があります。
サロンシャンプーでは"素材の美しさ"と
"ヘアデザインの美しさ"のバランスを重視しています。
できるだけ髪や肌に負担をかけないようにしつつ、カラーやパーマやカットを駆使してつくり出したヘアデザインを楽しんでもらえるように考えられています。「市販のものと比べて泡立ちが弱かったり、ツルツル感が少ない」、「値段がちょっと高い」、「1回の使用では効果が分かりにくい」ということがあるかもしれませんが、使い続けるうちに"髪の状態が確実に良くなっている"と実感できるはずです。
シャンプーを選ぶ際の3つのポイント
写真-31494 写真-31496 写真-31498
「洗浄成分」 写真-31510
【市販シャンプー】
どんな洗浄成分が使われているかが、シャンプーの一番の柱になります。
市販シャンプーでは「高級アルコール系」と呼ばれる洗浄成分をメインに使用されたものが多いです。これは、非常に値段が安いのに泡立ちがいいという特徴があり、台所用洗剤などにも使用されます。"泡立ちがいい=洗浄力が強い"ということになるため、髪や肌に必要な脂分まで落としてしまうことがあり、ダメージを進行させたり、カラーやパーマのもちを悪くする原因にもなります。
また、「高級アルコール系」洗浄成分の多くは石油由来であることも特徴です。容器の裏書に【ラウリル~】、【ラウレス~】、【~硫酸~】という表示の成分があるものが見分け方になります。

【サロンシャンプー】
サロンシャンプーでは「アミノ酸系」と呼ばれる洗浄成分をメインに使用されたものが多いです。髪や肌もアミノ酸で構成されていますので、非常にやさしい、安全性が高い、という特徴がありますが、値段は高くなります。「高級アルコール系」と比べて泡立ちはやや弱いのですが、髪や肌に必要な脂分を落とすこともないので、長期間使い続けても負担が少なく、カラーやパーマのもちを良くするというポイントからもお勧めされます。容器の裏書に【~グルタミン酸~】、【~グリシン~】、【~アラニン~】というようにアミノ酸の表示が含まれる成分があるものが見分け方になります。多くは【ココイル~】、【コカミド~】というヤシ油由来の成分と組み合わさっています。注意しなくてはいけないのは、少しでも「アミノ酸系」洗浄成分が入っていると、"アミノ酸系シャンプー"とアピールしている商品があることです。裏書の成分は濃度順に並んでいます。(1%以上の成分)水の次に並んでいるが、メインの洗浄成分だと見分けて下さい。
「シリコン」 写真-31510
洗浄力が強いと必要な脂分まで落としてしまうため、本来は髪がきしんでしまって指通りが悪くなります。その"悪い使用感"をカバーするために配合されているのがシリコンです。シリコンは鍵穴や自転車のチェーンの滑りを良くする時にも使用される"滑り剤"のようなものです。市販シャンプーの多くが「泡立ちがいいのに指通りがいい」のは、高級アルコール系の洗浄成分とシリコンを組み合わせているからなのです。
 シリコン自体の安全性は高いのですが、非常に油分の強いものですので、頭皮を洗うシャンプーには本来お勧めできません。毛穴につまってしまう可能性が高く、毛髪の健全な環境を損なうのです。また、その中でも"高分子シリコン"と呼ばれるものはコーティング力が強く、指通りとツヤを良くしますが、長期間使用し続けることで蓄積するとカラーやパーマの阻害原因になります。
 最近では市販シャンプーでも「ノンシリコン・シャンプー」と呼ばれるものが人気になっています。そのこと自体はいいのですが、単に"泡立ちが悪いから髪がきしまない"ということでは、本来のシャンプーの意味が無くなります。どんな洗浄成分やその他の成分と組み合わせてあるかも重要なポイントになります。
「その他のポイント」 写真-31510
 いくら髪にいい成分が入っていても、使用感が良くても、ヘアデザインを壊してしまうものであれば意味がありません。実際に市販シャンプーを長期間使用し続けていると、「ベトついて髪がペッタンコになる」、「パサつきがひどくておさまらなくなった」、「カラーが褪色しやすい」、「髪が重くなってスタイリングがもたない」という状態が出てくる場合があります。
サロンシャンプーは、プロの目線から"素材の美しさ"と"ヘアデザインの美しさ"のバランスをとった処方が組まれています。カラーやパーマを知り尽くした技術者たちが、カラーヘアやパーマヘアをいかに美しくするかという観点で、ヘアケアに取り組んだ商品です。例えば、サロンのトリートメント技術でも使用する補修成分をたっぷり配合したり、ダメージが進行しないようなケア成分を配合しています。
せっかく時間とお金をかけてされたカラーやパーマやヘアデザインが、安価な市販シャンプーのためにすぐに駄目になることを思えば、サロンシャンプーは美しさをより長く楽しむ"必要経費"ではないでしょうか。そして年齢を重ねられても健やかな髪をずっとキープするためにもお勧めいたします。
そんなあなたにおすすめのヘアケアは・・・
写真-31565
フレックスライオン オリジナルシャンプー
400g ¥3,150
ノンシリコンで頭皮に優しく、クオリティの高い使い心地。保湿・補修・頭皮ケアの三大要素をカバーする最高峰の贅沢処方。13種類の花エキス・15種類の果実エキスを配合。
写真-31565
フレックスライオンオリジナルトリートメント
400g ¥3,465